名古屋城本丸御殿

名古屋城「本丸御殿」の、玄関・表書院の第1期一般公開が、
5月29日から始まった。第2期の公開が平成28年、
全体完成の公開は、5年後の平成30年の予定のようだ。
画像

公開したばかりで、土日は特に混むようなので、
7日の金曜日の午後から出掛けた。地下鉄の市役所駅
で降りれば東門はすぐ。
公開に合わせて5月29日から6月16日まで
「名古屋城丸八博覧祭」を行っている。
飲み物や、食べ物の出店が沢山出ていた。
本丸御殿を見るのには名古屋城への入場料
500円が必要。「名古屋市民の65歳以上は100円」
本丸御殿への入場は行列かと思いきや、以外や以外すんなり。

此処が「車寄」と言い、将軍など正規の来客だけが上がる、
本丸御殿への正式な入り口。
画像
画像


内部の撮影(フラッシュ×)OKと言う事ですので、とくと御覧あれ。
「竹林豹虎図」此れは唯一本物、ガラスケースに収められて、
代表的な2枚が展示されている。
此の本物の展示は6月9日まで、もう今日は10日だ。
見てない人、もう見れないよ。

画像


画像


400年前「狩野派」の絵師達が全精力を注いで描いた障壁画。
平成4年より復元模写が進められてダイナミズムな美がよみがえられている。
画像


此れが復元模写の竹林豹虎図
画像


画像


画像


画像


「御寄附芳名板」
企業、個人共5万円以上寄付した方の名前が記される。
すでに50億集まっているそうだ。

画像


現在も建築が続けられている工事現場を,見学出来るコースがある。
幾つものクレーンの有る、巨大な建物の中で、本丸御殿は造られている。
先人の大工さんはどう思うだろう?


画像


  にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック