ボールペン画 帆引き網漁

霞ヶ浦の帆引き網漁
凧の原理を応用して、船を横に流して漁を行う、帆引き網漁は、
明治13年シラウオ漁を目的に、霞ヶ浦の漁師「折本良平」によって考案されて、
その後はワカサギ漁の主役として、昭和42年まで約100年の間続けられたが、
昭和41年頃よりトロール漁が登場してすたれた。
昭和46年観光船に復帰し、現在は春から秋にかけて観光用に運用されている。


ボールペンで色紙(272×242)に描く。
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック