細密ボールペン画(岡崎城)

岡崎城は、三河国岡崎藩(現・愛知県岡崎市康生町)にあった城。
徳川家康の生地である。別名、龍城。
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 複合連結式望楼型3重3階 元和3年(1617年)天守築城。
     明治6年、廃城令により天守以下の建物が撤去される。
     昭和34年、鉄筋コンクリート造りで天守が再建される。
平成18年、日本100名城(48番)に選定された。
平成19年、材木町で、マンション建設に伴う発掘調査よって石垣が見つかり、
     日本国内で4番目の規模の城であることが判明した。

          ボールペン画F6号
岡崎城.JPG
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

"細密ボールペン画(岡崎城)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント