テーマ:伊藤若冲

細密ボールペン画

正月過ぎの6日昼に「あつた蓬莱軒」に、ひつまぶしを食べに行った。 まだまだ熱田神宮の初詣客が多く、1時間半待ちだ。 時間つぶしに、すぐ西隣にある「紙の温度」に立ち寄る。 この店創業が1866年だそうで、151年にもなる老舗だ。 国産手漉き和紙から、海外の手漉き和紙、その他紙の加工品 まで、なんと20.000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more