細密ボールペン画(熊本城)

熊本県の(熊本城)安土桃山時代から江戸時代の城。別名 千葉城、隈本城、銀杏城。
中世に千葉城、隈本城が築かれ、安土桃山時代末期から江戸時代初期にかけて加藤清正が、現在の本丸にあたる部分の築城を行い、
1600年(慶長5年)連結式望楼型3重6階地下1階の天守が完成する。細川氏の時代になると城地の拡張と増築が盛んに行われ、明治時代の初めまでは大半の建物が撤去されずに現存していたが、1877年(明治10年)西南戦争で一部の建物を残して天守を含む御殿や櫓など主要な建物が焼失した。現在の天守は、昭和35年熊本国体開催と築城350年を機に、外観復元に取り組み、鉄筋コンクリートで造られている。
平成28年4月の熊本地震により、石垣の崩落や天守・櫓の屋根瓦に鯱の落下等、甚大な被害を被った。今にも崩れそうな5階層を支えていた角の一本の石垣の映像が記憶に残る、石垣普請の名手加藤清正の手腕を物語るものでしょう。
熊本城の復興は現在も行われていて、いまだに多くの寄附を頂き今年3月現在寄付金は、43億6千万にも及んでいると言う。

       ボールペン画 F4号
熊本城20200625.jpg
手前の石垣「二様(によう)の石垣」と言われる。
二つの石垣それぞれ勾配が違います。共に武者返しと言い、
上に行くほど垂直になり上れないと言う。
手前の緩やかな石垣が加登清正の時代、奥の急な石垣が細川時代で、
二つの時代の石垣を見ることの出来る、有名な撮影ポイントの様だ。
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村




細密ボールペン画(岐阜城)

岐阜県岐阜市の「岐阜城」 別名 稲葉山城、金華山城、井口城。
築城主 二階堂行政。築城年1201年(建仁元年)。主な城主 斎藤氏、織田氏。
廃城年1600年(慶長5年)1201年(建仁元年)二階堂行政が金華山(稲葉山)
に砦を築いたのが始まりとされる。1567年(天正4年)かねてから美濃攻略を狙っていた織田信長は稲葉山城下に進攻し稲葉山城を攻略する。 そして、本拠地を小牧山城から稲葉山に移転し、城と町の名を「岐阜」と改めた。この頃から信長は「天下布武」の朱印を用いるようになり、本格的に天下統一を目指すようになった。1601年(慶長6年)家康は岐阜城の廃城を決め、奥平信昌に10万石を与えて、加納城を築城させる。その際、岐阜城山頂にあった天守、櫓、山麓の石垣などは加納城に移築されたと言われる。明治43年には、木造・亜鉛トタン葺きの3層3階の模擬天守が再建されたが、昭和18年失火により焼失。昭和31年7月25日、現在見る鉄筋コンクリート造りの3層4階の模擬天守が落成した。
 平成18年日本100名城(39番)に選定された。

              ボールペン画F4号
岐阜城20200625.jpgにほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画(小牧山城)

愛知県小牧市の(小牧山城)
永禄6年(1563)織田信長が美濃攻めの拠点として小牧山に築城し、清須から本拠を移した。信長は小牧山城を拠点に美濃に侵略し、
永禄10年(1567)に美濃稲葉山城を攻略。稲葉山城を岐阜城と改めて移住するまでの4年間が信長の時代であった。
(小牧山城は廃城となったが、城下町は規模を縮小して存続していた。)天正12年(1584)小牧・長久手の戦いの際には、
犬山城を攻略した豊臣秀吉軍に対抗して徳川家康が小牧山城跡を大改修し陣城として対抗した。江戸時代以降、小牧山は尾張藩により
「御勝利御開運の後陣跡」として禁足地になったため、一般の入山は禁止された。明治5年一時民間に売却されるが買い戻され、
「愛知県立小牧公園」となり、一般公開される。明治22年土地を交換する形で、再び徳川家所有となり、一般公開が禁止される。
昭和5年、徳川家が、小牧山を小牧町(現在の小牧市)に寄贈する。昭和43年実業家の平松茂氏が私財で、現在の小牧市歴史館(小牧城)
を建設し小牧市に寄贈する。昭和60年には、小牧山は、尾張徳川家19代徳川義親氏により小牧市に寄贈され55年、
しかも市政施行30周年と言う機会をとらえ、徳川義親氏のご遺徳を後世に伝えるため、城手前左側に銅像を建立した。

        ボールペン画F4号
小牧山城20200516.jpg
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画(岡崎城)

岡崎城は、三河国岡崎藩(現・愛知県岡崎市康生町)にあった城。
徳川家康の生地である。別名、龍城。
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 複合連結式望楼型3重3階 元和3年(1617年)天守築城。
     明治6年、廃城令により天守以下の建物が撤去される。
     昭和34年、鉄筋コンクリート造りで天守が再建される。
平成18年、日本100名城(48番)に選定された。
平成19年、材木町で、マンション建設に伴う発掘調査よって石垣が見つかり、
     日本国内で4番目の規模の城であることが判明した。

          ボールペン画F6号
岡崎城.JPG
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画(清洲城)

清洲城は応永12年(1405年)の築城。
常に清洲織田氏(織田大和守家)の居城で、尾張下四群を支配する守護代織田家の本城として機能した。
1562年信長と家康の間で結ばれた(清洲同盟)もここで行われた。
1609年家康によって清洲から名古屋への遷府が指令され、1610年より清洲城下町は名古屋城下に移転された(清洲越し)
1613年名古屋城の完成と、城下町の移転が完了したことにより廃城となる。
現在の天守は、平成元年に旧清洲町の町制100周年を記念して、建設された鉄筋コンクリート造りの模擬天守である。

     F4号
清洲城20200419_0001.jpg
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画(伊予松山城)

ボールペン画の国宝5城・重要文化財7城、全て完成しました。
最後は「伊予松山城」
別名 金亀城・勝山城 各地の松山城と区別するため「伊予松山城」と呼ばれる
所在地 愛媛県松山市。
築城主 加藤嘉明
築城年 慶長7年(1602年)着手
昭和10年国宝保存法に基づく国宝に指定される。
昭和25年文化財保護法施行により国の重要文化財となる。
             F4号
伊予松山城220191204_0001.jpg
以下重要文化財6城・国宝5城お掲載します。
       重要文化財「宇和島城」
宇和島城20191028.jpg
       重要文化財「備中松山城」
備中松山城.jpg
       重要文化財「丸亀城」
丸亀城.JPG
       重要文化財「弘前城」
弘前城.JPG
       重要文化財「丸岡城」
丸岡城20190330.jpg
       重要文化財「高知城」
高知城.jpg
       国宝「彦根城」
彦根城のコピー_20160922112654.jpg
       国宝「松江城」
国宝松江城のコピー.jpg
       国宝「松本城」
国宝・松本城のコピー.jpg
       国宝「犬山城」
雪の犬山城のコピー.jpg
       国宝「姫路城」
新装姫路城のコピー.jpg

にほんブログ村





細密ボールペン画

日本に7城有る重要文化財のお城
ボールペンで描いた6城目は愛媛県宇和島市の「宇和島城」

別名は 丸串城・板島城・鶴島城
築城主 西園寺公経
築城年 嘉禎2年(1236年)
昭和9年(1934年)天守・大手門が国宝保存法に基づき、当時の国宝に指定される。
昭和25年(1950年)文化財保護法の施行により天守が重要文化財に指定される。

           F4号
宇和島城20191028.jpg
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画

7城有る日本の「重要文化財の城」ボールペンで描いた5城目は、

備中松山城別名を高梁城、小松山城とも言う。

所在地・岡山県高梁市内山下1

築城年・仁治元年(1240年)

築城者・秋葉重信

現存12天守では唯一の山城で日本三大山城の一つ。

雲海の城といえば、兵庫県の「武田城跡」が有名ですが、

雲海から天守の見られるのは、「備中松山城」「越前大野城」くらいでしょう。

   ボールペン画F6号

備中松山城.jpg
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村




細密ボールペン画

現在日本の城で、重要文化財に指定されているのは7城。

ボールペン画で4城目は「丸亀城」

香川県丸亀市にあり、別名、亀山城、蓬莱城とも言われる。

築城年は万治3年(1660年)で7城の中では1番新しい。

昭和18年天守が国宝保存法に基づき(旧国宝)に指定されていたが、

昭和25年文化財保護法施行により天守は(重要文化財)となる。

           ボールペン画F4号
丸亀城.JPG
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画

取手のしだれ桜
長野県下伊那郡根羽村取手
僕の生まれ育った所に咲くしだれ桜
国道153号線から石の階段を上っていくと神社が有り、その脇にたつのが1本のしだれ桜「弥平桜」とも言われる。153号線、今は上にバイパスが出来たので、通行する人はこの桜みることはない。
    ボールペン画 F6号
取手しだれ桜のコピー.jpg
随分前の写真の絵で、その頃は写真撮影に来る人も見えたようですが、近年の台風による影響で
大きな枝が折れてしまい、今はこの姿が見られない。
右の建物が公民館。僕の実家は此のすぐ下に有る。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

細密ボールペン画・弘前城

「弘前城」青森県弘前市にある。別名鷹岡城、高岡城。


江戸時代1611年築城。1810年3層3階の天守が建てられる。


1937年(昭和12年)国宝保存法に基づき旧・国宝に指定される。


1950年(昭和25年)文化財保護法の制定により重要文化財に指定され現在に至る。


弘前城.JPG

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村


細密ボールペン画

昨年5月日帰りバスツアーで上高地に行ってきた。

「かみこうち」本来の漢字は「神垣内」だったそうだ。

上高地の一番のスポットは此処でしょう。

河童橋の背景に穂高連峰。
       ボールペン画 F8号
河童橋.JPG 
         令和元年日美絵画公募展「国際文化カレッジ賞」
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

      





細密ボールペン画(高知城)

国の重要文化財のお城は7城。丸岡城に続き2城目(高知城)をボールペンで描く。


別名は、屋根瓦のグレーと白漆喰壁の白が鷹の色合いに似ている事から鷹城(たかじょう)と言われる。
現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成した。
天守構造    独立式望楼型4重6階(1601年築・1747年再、現存)
築城主      大高坂氏?
築城年      南北朝時代(14世紀頃)
主な改修者   長宗我部元親、山内一豊、山内豊敷
主な城主     山内氏
廃城年      1871年(明治4年)
遺構        現存天守・御殿・櫓・門・石垣、堀

明治6年廃城令に伴い高知公園となる。現存建造物以外の建造物が破却された。
昭和9年天守など15棟の建造物が国法保存法に基づく国法(現行法の重要文化財に相当)にしていされる。
昭和25年天守等15棟は文化財保護法の施行により国の重要文化財に指定された。
                     ウイキペディアより

               ボールペン画F4号
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村




細密ボールペン画(丸岡城)

国の重要文化財7城の一つ、福井県の(丸岡城)

3月28日中日新聞の記事によると、丸岡城は、1576年に建設したとする説と、1613年以降に建てたとする説があり福井県坂井市は、城の国法登録を目指し、市の教委が2015年から専門家に委託して部材の年輪や酸素同位体比などを調査した結果、多くは1620年以降に伐採されたことが判明した。国内最古とされていた国重要文化財の丸岡城の天守の建造時期が、江戸時代の寛永年間(1624~1644年)だったことが分かり、国内最古の天守ではなくなった。


              ボールペン画  F4号
画像

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村



細密ボールペン画

妻籠宿「脇本陣奥谷(林家住宅・国重要文化財)」

妻籠宿脇本陣は屋号を「奥谷」といい、代々林家が勤めてきた。
明治10年に総檜造りで建て替えられ、現在に至っている。
昭和42年妻籠宿保存の中核として公開され、
平成13年に国の重要文化財に指定されている。

F6号
画像

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村







細密ボールペン画

「名古屋堀川」東山ガーデンが運営している(サムライクルーズ)
名古屋城正門から100mの「朝日橋→納屋橋→白鳥→宮の渡し」まで 

      納屋橋を通る「秀吉クルーズ船」
                  ボールペン画F4号
画像



にほんブログ村



同人誌「弥」9号本日発行

会員になっている、同人誌「弥(いよいよ)」9号が

本日11月23日発行されました。

画像


会員11名が本編の他、特集の「九」に関連する文章の

掲載をしております。

私は本編では(犬山城の遺構をボールペンで描く2)

特集九では(九十九島夕景・九官鳥)を掲載しました。

その他空白に、ボールペンでイラストを8枚ほど描いています。


細密ボールペン画

おしゃべりが得意な九官鳥。

オームやインコなどと同じく、おしゃべりする九官鳥。

その中でも、最も人間の言葉を話すのに適した体の構造を

持っているのが九官鳥だと言われているようです。



                         ボールペンで色紙に
画像
 


にほんブログ村

細密ボールペン画

上野動物園の、ジャイアントパンダ「シンシン」が昨年6月12日出産。

9月25日名前が「シャンシャン」に決定。

12月抽選による公開を開始。

2018年2月1日より、整理券制による先着順にしています。

が、ゴールデンウィク期間は、事前申し込み・抽選制だそうです。

愛らしいシャンシャン見たいよね。

       「シャンシャン」     色紙
画像



細密ボールペン画個展の開催

細密ボールペン画の個展を、明日より開催いたします。

場所 第2赤十字病院(八事日赤)1Fホスピタルストリート。

会期 1月30日(火)~2月27日(火)AM9:00~PM5:00

本日16時に搬入し、職員の応援で無事セッティング完了です。

今回は、国宝のお城等9点、犬山城から移築した門等11点、

その他9点の、合計29点を展示致しました。

1ヶ月有りますので、興味が有りましたら、立ち寄って下さい。

画像

画像

画像


にほんブログ村



明けましておめでとう御座います

明けましておめでとう御座います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
あっとゆう間の1年でした。
昨年1年間で描いたボールペン画15枚ほどです。
公募展に出品する絵とか、作品が大きくなるので、
枚数が描けません。今年は大小含めて月2枚程度は描きたいと思います。
2月には「八事第2赤十字病院」での個展を予定しています。
又ご案内を申し上げます。

戌年ですので、我が家のレオ君を板に描いてみました。
画像


此方はカレンダー付色紙に描いた仔犬
画像

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ

細密ボールペン画「常満寺」

犬山城のすぐ南に位置する、浄土宗のお寺「常満寺」

山門は、明治10年に犬山城の、松の丸裏門を移築した物である。

切妻造り桟瓦葺の1間薬医門。城門としての風格を備えている。

平成19年、愛知県登録有形文化財に指定されている。

         ボールペン画 F4号
画像
>