登竜門2

滝を昇る鯉が仕上がったので
次に龍を仕上げます。

「辰・竜・龍」
今年は辰年「辰」はもともと年・月・時刻・方位などを表す言葉。十二支の5番目に数えられ、唯一伝説上の動物。昨年の「卯が兎」のように十二支の中の文字を人々に分かりやすく説明するために、辰も神話上の動物龍に置き換えられた。「竜・龍」共に意味の違いは無い。龍が竜の旧字体であるが、竜の方が古字で起源が古い。1946年当用漢字表が定められた時には龍は採用されていなかったが、1951年当用漢字以外の子の名に使ってよい人名漢字に採用された。1981年常用漢字に竜が採用されたので、現在名前や地名以外に「龍」の字はほとんど使われなくなった。


>
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック