ボールペン画個展4日目

今日で個展4日目。
ボールペンには、最近沢山のカラーボールペンが有ります。
ではボールペン画も、カラーを使って良いのかと言う議論があります。
実際に紅葉をカラーで塗ったり、部分的にカラーを使う人も見えます。
僕は黒1本のボールペンで、色を表現する事にこだわっていますが、
今回の個展に、同じアングルのコンゴウインコを、黒のみとカラー4色ボールペンとの
2枚を展示して皆さんの反応を聞こうと思いました。
画像


画像


今日までの意見では、カラーを使うと綺麗だけれど写真になってしまうので、
黒1本の濃淡で描いた方が、深みが有って良いと言う意見が多い。
皆さんは2枚を見比べて、どう思いますか?
僕も今後、カラーボールペンを使用することはないと思う。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ちゃびすこ
2013年09月14日 05:41
はじめまして。いつも拝見させていいただいています。
私は鉛筆デッサンのみのデザイン科でしたので、ボールペン画はとても興味深いです。

さて、カラーボールペンとの違いですが、画面で見る限りカラーは、そう言われない限り「加工したのかな?」と思ってしまいそうでした。
私が普段デジタルでしか描かないからだと思いますが、木の部分のモノクロが良い具合に「そう」見せるんだと思います。
他の方の感想にあった「写真に見える」と同じようなものだとお思い下さい。

とはいえ、私としてはカラーも「有り」だと思います。この絵のようにモノクロと混在させるのも面白いです。

それにしても、アナログはアナログの良さがありますね。作品を拝見する度にそう思います。
私も、年末にでもアナログで市街地遠景の線画を描こうかな…とか思ってますが、他の原稿で手一杯でなかなか…(^_^;)

この記事へのトラックバック