細密ボールペン画

明治初期まで、犬山城に建っていた門。

以前紹介した徳林寺山門に続き、今回は

愛知県丹羽群扶桑町の文化財に、昭和49年に指定されている、

「専修院東門」この門もとは犬山城二の丸の「矢来門」で

明治9年にここに移されたと記されていた。

高麗門という形で、裏側の両脇に本屋根と直行する二つの

屋根があるのが特徴らしい。犬山城にあった門、殆んどこの造りのようだ。

門を開けているときに、雨がかからない為にとか。


                 油性ボールペン0.7 0.5使用  F6号
画像


にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック