ボールペン画

京都建仁寺  創建・建仁2年「1202年」

冬の華頭窓から見た枯山水方丈庭園


                  ボールペンで 色紙に
画像


建仁時(けんにんじ)は京都の臨済宗建仁寺派大本山の寺院。

山号を東山(とうざん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、

開山は栄西である。京都五山の第3位に列せられている。

俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝える。

山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、

貴重な古籍や、漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵している。

また、豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である。

寺号は「けんにんじ」と読むが、地元では「けんねんさん」の名で親しまれている。

なお、日本最初の禅寺とも言われるが、博多の「聖福寺」が最初の禅寺である。

Wikipediaより


にほんブログ村

"ボールペン画" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント