ボールペン画 徳川園(蘇山荘)

 名古屋徳川園の黒門をくぐって、すぐ左に入った所に有るのが、

(蘇山荘)で此の建物は昭和12年に現在の港区港明

で行われた(名古屋汎太平洋平和博覧会)の迎賓館で、

その後徳川園に移築された、純和風の歴史的建造物です。 

現在カフェ&バーラウンジのお店で、

夜はディナー昼は珈琲軽食が食べられる。

此の春、徳川美術館に行った折、昼の軽食を取った。

其の中より見た南側の中庭も趣きがある。

中庭のボールペン画も、後日掲載します。


     蘇山荘正面入り口       F4号
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画 名古屋の昭和

戦後70年記念出版(名古屋の昭和)が発刊された。

今から41年前の昭和49年頃の市電「新瑞橋」停留所の

写真も載っている。僕の記憶に残る光景だ。

名古屋の地下鉄が最初に開通したのが、

昭和32年11月15日の名古屋ー栄町間です。

その後順次開業が広がり、栄ー金山間が昭和42年開業。

金山ー新瑞橋の開業が昭和49年3月である。

名古屋の地下鉄の整備も整った事により、

49年3月に、77年走りつずけた名古屋市電が全線廃止となった。


                  ボールペン画  色紙
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

公募展表彰式

「全国公募日美絵画展」の表彰懇親会が、
昨日開催されたので、東京まで行ってきた
今回で4回目の出品で、昨年までは東京遊覧をしたりして、
一泊で行っていたが、今年は日帰りで行くことにした。
名古屋を7時6分発ののぞみで東京駅に9時前には到着。
駅からタクシーに乗り20分ほどで、
会場の「ANNコンチネンタルホテル東京」へ到着。
表彰式は10時よりB1階「プロミネンス」で開かれる。
画像

画像


会場は表彰者の席が320席、一般席もそのくらいの数が有る。
画像


今回は、今までで最高の「準大賞」と「産経新聞社賞」を受賞した。
「大賞」が3名「準大賞」が8名なので受賞の順番も9番目だ。
授賞式に入り、理事長挨拶、審査員の紹介等の後、、
一人ずつ名前が呼ばれて、賞状が手渡された。

画像

300人以上の表彰なので時間が掛かる。
終わったのは、11時半頃だったと思う。
画像


休憩の後、同じ場所で12時より祝賀懇親会が行はれた。
デッサンの審査員の、村松先生に色々アドバイスをして頂いた。
懇親会途中には、大賞から最優秀賞までの18点を、
1点ずつ大型スクリーンに映し出し、審査員の先生の講評があった。
僕は「なんでも鑑定団」に出演している永井龍之介先生から講評して頂き、
色々アドバイスをして頂いたので、良い機会になった。
画像


2時少し前に終了したので、タクシーで5・6分の展示会場
「国立新美術館」に行く。この美術館2007年に開館した。
黒川紀章が、最後に設計し建設された建物だ。

             敷地入り口側から見た外観
画像


    中に入って上を見上げる。左のエスカレーターで2階の会場に昇る。           
画像


2階の展示会場受付
画像


入って正面に大賞3点が展示。
画像


大賞の真向かいに準大賞8点が展示されてる。

そこに僕の出品した絵があった。

画像

                    徳川園 F10号

昨年12月に、初めて徳川園に行き、写真を何枚も撮ってきて、
描いたのが此の絵「徳川庭園」です。正面の建物が、茶室「清龍亭」
此処元は、尾張徳川家の大曽根別邸で、昭和6年名古屋市が、
寄付を受け整備して「徳川園」として公開していたが、
昭和20年の大空襲により、大部分が破壊焼失してしまった。
平成16年日本庭園として造営され、現在に至っている。

今年の「日美展」1700点程展示されているので全てを見ることは出来ない。

画像


館内でコーヒーを飲んで、タクシーで東京駅へ。

7時10分発の、のぞみで帰名した。

疲れた1日でした。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村



名古屋市プレミアム商品券発行

今日(8月1日)なごやでら得プレミアム商品券が発売されました。
1冊12,000円(1,000円券×12枚)分を10,000円で販売。
1人5冊まで2割もお得、これは買わなきゃ損。僕の在住瑞穂区では、
区役所ほかサークルK等19箇所で販売される。
昨日数件のサークルKの聞き込みをした結果、
10時からの売り出しだと言う。が1店舗は朝7時より整理券を配布すると言う。
そこで今日7時少し前に行った所、もう長蛇の列。
そして担当者が1人で説明しながら配布しているので、なかなか進まない。
1時間も待って前の人が終り、いよいよ僕の番だと思ったら終了だって。
それは無いよ。サークルKでの販売枚数は500冊だから、1人5冊買えば
100人しか買えないわけで、並んでいる時に100人まで数えて、
此処以後は買えないかも知れないよ、位のの配慮がほしいね。
それと、1人5冊と言うので、乳飲み子までOKと言うのもどうかと思うね。
そこで10時から販売すると言う、ほかのサークルKに行ったら、
此処も整理券を出して、もう終了したって。昨日聞いたときには、
10時から売り出すって行ったじゃん。うそつき~~~
駄目元で区役所に行って見るか。
ところが、区役所も整理券を配布しているではないか。
区役所は配布枚数が多いので、いけるかも知れない。それでも長蛇の列。
画像
画像

担当者が多いのか流れが早い、30分位で整理券ゲット。
画像
画像

午後4時までに商品券の交換をして下さいと言う事なので、
2時頃に交換に行った。整理券の時とは違いガラガラだった。
画像

暑い中家族での戦いご苦労様でした。
20冊ゲット。4万円得しました。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

瑞穂区美術家展

昨日から、名古屋市博物館にて

「瑞穂区美術家展」が始まりました。7月20日(月 祝)まで。

画像


この美術家展、瑞穂区美術振興会の主催で

今年で第48回です。

今回は、瑞穂区在住の美術家25名と、

推薦作家15名の合計40名の美術展です。

1人2点以内で、日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の

総数59点が展示されました。


画像


僕も今回、吉岡先生から推薦を頂き、初出品です。

此れが出品作品で、洋画部門のボールペン画2点

画像


早速、昨日初日に見に行ってきました。

七宝焼きの壷を出品されている、櫻井先生に出会いました。

此れがその作品です。

画像


七宝焼きの作者も随分少なくなったようです。

何と櫻井先生93歳で現役だって

すご~い。


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画 たま駅長

先月22日、8年勤めた貴志駅の駅長、三毛猫の「たま」が亡くなりました。

たまは、駅の売店(小山商店)の飼い猫だたそうだ。

2006年4月、和歌山電鉄への継承で、無人駅になった貴志駅。

そこで小嶋社長が、たまを駅長に任命して話題になった。

廃線の危機を救った、たま駅長。2005年192万人だった乗客数が、

昨年度は227万人まで伸びたんだって。

28日に営まれた社葬には、ファン等3000人が集まり、

在りし日の、たま駅長をしのんだ。

県が銅像建立や、県民栄誉賞を検討しているようだ。


ご冥福をお祈りいたします。


                        色紙

画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

全国公募「第16回日美絵画展」

今年4月に応募した、全国公募「第16回日美絵画展」

昨日、最終審査結果が届きました。

何と何と「準大賞」だった。

おまけに「産経新聞社賞」も

画像


応募したのは

デッサン部門で、10号にボールペンで描いた「徳川園」

8月6日~15日まで「国立新美術館」に展示されます。

作品は、8月になったら掲載します。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

清正石

名古屋城「旧二之丸東二之門」を

東から潜り抜けると、真正面に見えるの「清正石」

看板には
名古屋城で最大の石垣石材
ここ本丸搦手枡形(からめてますがた)の石垣は
黒田長政の担当であったが、巨石であるがゆえ
普請の名手加藤清正が積み上げたと伝えられ、
清正石と呼ばれてきた。

と書かれている。

                 ボールペン  色紙
画像


名古屋城の石垣は、家康の命を受け20名の大名が担当し、
1610年2月より始められ、6月には土工事が出来上がり、
清正が担当した天守台は8月27日には完成したそうだ。
他の大名の担当した石垣も12月には完了している。
(名古屋城の歴史より)

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

清正公石曳きの像

今年の花見シーズンは天候不順で、

毎年行っていた、山崎川の夜桜も

見に行かずに終わってしまった。

4月4日文芸「弥」の定時総会でウイルあいちに出掛け、

終了後何年振りかで、名古屋城に立寄る。

ちょうど桜が満開だ。

画像


そのうち名古屋城もボールペンで描くつもり。

本丸御殿も復元中だし、名古屋城は、

ボールペン画で描きたい所が沢山ある。

先ず手始めに「清正公石曳きの像」を描く。

場所は、東の入り口から入ってすぐの所。

                     ボールペン画 色紙
画像


脇の立て看板には、こう書かれていた。

清正の石曳

天守の石垣普請は加藤清正に割り当てられた。
巨石を運ぶにあたり、清正自ら石の上に乗り
音頭をとったと伝えられている。
本像はその様子を模したもの。

画像


真新しい看板は、最近立て替えられたと思われる。

旧看板とは、内容が異なる  旧看板の内容は

清正の石曳

慶長15年(1610)加藤清正が徳川家康に願い出て、
大小の天守閣の石垣工事を施工した。
清正は巨石を修羅に乗せて運ぶとき、
石の上に乗り、気勢を上げたと伝えられ、
世に「清正の石曳き」といわれている。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

白く輝く姫路城大天守登閣

4月16日天空の城「竹田城跡」見学の後、
宿泊したのは「ブルーリッジホテル」
翌日17日は3月17日にグランドオープンしたばかりの、
「姫路城大天守」に登る。
説明によれば、オープンしたばかりなので、
一人々に整理券を配布して1日15.000人しか、
天守に登る事が出来ないと言う。
と言う事で、ホテルを8時に出発した。

10時少し前に到着したら、金曜日というのに観光バスが此のとおり。
画像


入城して整理券をもらう。NO1818だ。余裕 余裕
画像


さあ、大天守閣に登るぞ。
画像


急な階段を6階の大天守めざし登ります。
画像


大天守に登閣。
画像


天守は此の用に混雑。  押すな 押すな
画像


城下町を見下ろす。
画像


備前丸からの全体像
画像


観光バスに戻ったのが1時でした。
あ~あ疲れた。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村




平成の大修理を終え、一般公開となった姫路城を見に行く。

16日17日一泊でクラブツーリズムの
「天空の山城・竹田城跡から眺める360度の絶景
5年の時を経て蘇る世界遺産・姫路城」の
バスツアーに行って来た。
1日目は「日本のマチュピチュ」とも呼ばれるようになった
「竹田城跡」
駐車場までは一方通行の狭い道路で、
大型観光バスは通れないので、
マイクロバスに乗り換えて行きました。
画像

此処から、急な上り坂を大手門まで、700m歩いて登ります。
画像

着いたぞう
画像


平成元年「天と地」のロケーションが行われ、この城跡に制作費3億円を投じて
天守閣・大手門・塀等のセットが建設されたそうだ
画像


平成24年にも高倉健主演の「あなたへ」のロケ地に使われた。
映画を見た人、このベンチ見覚えが有るかな?
画像

画像



城跡より城下町を見下ろす。
画像

10年前の2005年が入城者12.000人に対して
2006年に「日本100名城」に選定されたり、
「あなたへ」のロケ現場や観光PR等により、
何と昨年1年間の入城者数が582.282人だったそうだ。
画像


姫路城は後日

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画

娘の次男が昨年1月に誕生。

1才を過ぎてヨチヨチ歩きです。

長男は4月から2年生です。

長男は以前似顔絵をボールペンで描いてあげましたが、

次男は描いていません。

顔もしっかり引き締まってきたので、

兄弟2ショットで1枚。


            ボールペンで色紙に
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画 宇治橋と大鳥居

昨年10月3日、伊勢神宮の宇治橋の両端の鳥居が、
20年ぶりに新調され完成式が行われた。
式年遷宮と同じ、20年に1度建て替えられるそうだ。
使われる材料には、
式年遷宮後に、取り壊された旧正殿の「棟持柱」が使用されるらしい。
20年経ているとは言え、作り変えれば真新しい新材の鳥居に見える。
旧鳥居の材料は、
桑名市の「七里の渡し」と亀山市の「関宿の追分」で使用されるそうだ。

昨年10月5日建設組合の日帰り旅行で伊勢に行って来た。
あいにくの雨降りだったので、楽しさも半減でした。

撮影してきた写真を元に、色紙にボールペンで描く。
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

尾張徳川家の雛まつり

昨日、徳川美術館で開催している

「尾張徳川家の雛まつり」を見に行ってきた。
                        
                           徳川美術館
画像


館内撮影禁止だが、
ロビーに展示の、段飾りは撮影OK。

画像
画像
画像


徳川家の常設展の、第1展示室から見て行きます。

此処からは撮影禁止。

併設の蓬左文庫も見て回ります。

雛道具などは、実際の婚礼道具のミニチュアだそうだが、

蒔絵塗りの精緻で豪華な美しさだ。

徳川家三世代にわたる雛段飾りは、

明治・大正・昭和のもので高さ2m幅7mの段飾りで、見事だった。


我が家でも、子供たちが小さかった頃は、

段飾りを出したものだが、組み立てたり、閉まったりが大変で、

随分以前に処分してしまったが、

徳川家の雛様を見て来て、置いておけば良かった気もする。

今は床の間に、立ち雛を飾っている。

僕の田舎のひな祭りは、1ヶ月遅れの4月3日なので、

我が家の立ち雛も、4月までは飾っておこうかな。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画展終了

ギャラリー安里にて、7日間に亘り開催した「ボールペン画展」が、

本日無事終了致しました。

画像


画像


毎日、中日両新聞に掲載された事もあり、

多くの皆さんに、見に来て頂きました。

又、お買い上げ下さった方々に感謝申し上げます。

機会が有りましたら、又ご案内いたします。

まずは、お礼まで。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ギャラリー安里「ボールペン画展」初日

今日は、「ボールペン画展」初日です。

1日雨降りでしたので、日曜日ですが、

見に来て頂いた方、今一でした。

明日は晴れるでしょう。

覚王ハイツ入り口の案内板

画像


エントランスの所の案内板
画像


ギャラリー入り口の案内板
画像


内部の1部
画像

画像

画像


総数37点展示出来ました。


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

安里での「ボールペン画展」の準備

3月1日から始まる「ボールペン画展」の準備です。

35点ほど額に入れました。

色紙~F10号まで

画像


28日3時頃より、搬入セッティングです。

並べた都合で、25~30展位の展示になると思います。

我がアトリエの一角を紹介。

画像


上の段バンダイの「リトルジャマー」

下の段左「0系新幹線」

下の段右「C62蒸気機関車」

「リトルジャマー」
6人の人形が動きながら演奏をする。
ところが、昨年から壊れて、演奏をしなくなった。
捨てるのも忍びなく、飾ってある。
画像


「0系新幹線」
日車夢工房が2000年に販売した1/45スケールの
「スーパーディスプレーモデル0系新幹線」
当時7万5千円位で購入したと思う。
前照灯・室内灯が点灯し警笛もなる。
現在は、3回目のモデルチェンジで15万円位で販売されているようだ。
画像


「C62蒸気機関車」
2009年9月にデアゴスティーニ・ジャパンが発行した、
1/24スケール週間蒸気機関車C62を作る
毎週火曜日に1号ずつ送られてきて組み立てて行く。
1号から100号まで2年がかりで完成した。
電池を入れて、スイッチを入れると、車輪が回る。
掛かった費用1号が1890円で合計189,000円也
バイクが買えたじゃん。
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

日産リーフ購入1年になりました。

昨日16日で日産リーフ購入1年になりました。

走行距離5903kmです。

画像


市内を走るだけなので、月に490kmこんなもんです。

ほとんど、ディーラーで充電していますが、

冬場の寒い時は、電気の入りが悪いようで、

30分充電しても70%位しか入らない。

それにエアコンを入れるので、特に電気を食う。

JC08モードって、どうやって測るんだろう?

リーフ満充電で228km走行って、現実離れしてるよなあ。

山の上から、下りばかりで降りてくれば、走行可能かも。

市内の平坦地を普通に走って、せいぜい150km

現実に即した表示にして欲しいね。

ガソリン車の走行距離もそうだけど。

一種の詐偽だぜ。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ギャラリー安里にて(ボールペン画展開催)

3月ボールペン画展を開催します。(25~30点)

3月1日(日)~3月7日(土)

AM11:00~PM6:00(最終日5:00)

会場は(ギャラリー安里)
名古屋市千種区末盛通1-18(覚王ハイツ1F)
           TEL052-762-5800

地下鉄東山線・覚王山駅2番出口から左へ1分

画像


2番出口を左に曲がると、ミニストップがあり
その向こう隣りが、覚王ハイツ

画像

画像


エントランスに入って、右に曲がった
一番奥の左が(安里)です。

画像


覚王ハイツの東側からも、階段で入ることが出来ます。
画像


覚王ハイツ地下駐車場入ってすぐ右に、
1台分の安里の駐車場があります。

僕の住んでいる町内に、名古屋芸大の講師もされている、
銅版画で有名な吉岡弘昭先生がいます。
その吉岡先生の紹介により、今回安里でのボールペン画展開催となりました。
手ほどきを受けた銅版画(エッチング)1枚も展示予定です

target="_blank">にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画 徳川園

名古屋市に有る、徳川園の(黒門)

明治33年に完成した徳川家の邸宅の遺構です。

総ケヤキ造りの三間薬医門で、連続する脇長屋と塀を含めて、

昭和20年の大空襲の焼失を免れた数少ない遺構です。

                            F4
画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

新年明けましておめでとうございます

今日から27年のスタートです。

昨年も、天災により多くの方が悲しみの中で、

新年を迎えた事と思います。

今年は、1年が平和で暮らせるように、

お祈りいたします。

今年もボールペン画を描いて掲載しますので、

ご覧になってください。

3月頃には、画廊で「ボールペン画展」を開催予定です。

近くなりましたら、ご案内しますので、立ち寄ってください。

画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村



清水碩二ライブ

今日(27日)名古屋東桜のプティパリで行われた、

清水碩二さんのライブを聴きに行ってきた。

清水さんの奥さんとは、月2回地域で行っている

卓球仲間で、ライブの案内を頂いていたので、

かみさんと2人で出かけた。

栄から歩いて15分くらい、東区東桜の岸田ビル1Fが、

会場のシャンソン・ド・ブーケ プティパリだ。

画像


11時半会場に到着、12時の開演を待つ。

飲み物等が出されて、その間に30数席がすべて埋まってしまった。

12時「碩二の部屋」清水碩二のライブが始まった

画像

清水さんはトヨタの販売会社を定年退職されてから、

趣味のシャンソンを歌うようになったそうだ。

9年ほど前には、名古屋市芸術創造センターでリサイタルを行っている。

その時のビデオを借りて見て、生で聴きたいと思っていたので、

今年最後のライブを聴きに出かけて行ってきた。

曲目は

①時は過ぎていく

②スタンドアローン

③タイムトゥセイグッパイ

④さわやかに星は輝き

⑤アベマリア

⑥シクラメンのかほり

⑦プロバンスの海と陸

この後ゲスト出演でローラさんが

画像

クリマス ライト 

サンタがやってきた

の2曲を歌い、最後に全員で蛍の光を歌い、

1時間の「碩二の部屋」ライブが終了した。

碩二さん80を超えていると云うのに、

甘い歌声といい、高音の伸びといい

感動をしました。

毎月プティ パリに2・3回出演してるそうですので、

来年も聴きに行こうと思います。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村




同人誌「弥(いよいよ)」第5号発行

本年も11月23日に「弥第5号」が発行されました。
画像

僕はボールペン画「妻籠宿」と今回のテーマが「運」なので
「小樽運河」に中川運河と堀川を結ぶ「松重閘門」の計3枚を掲載しました。
また、文中のイラストも15枚描き添えた。
本年より永田、澤田、両氏が入会し総勢13名となり、
昨日(12月1日)は6時より、栄の「Kitibe」でフランス料理を食べながらの、
打ち上げ会だったので行って来ました。
画像

参加者は10名でした。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村



リーフで諏訪から名古屋

同窓会で9日諏訪湖畔ホテル「ぬのはん」で1泊して、
翌日10日、遊覧船「はくちょう丸」に乗船して、
諏訪湖遊覧を楽しむ。
昨日は雨降りだったが、今日は良い天気だ。
画像


画像

あちこちで、ビニールで覆った台船の中でワカサギ釣りをしていた。
我々も「ワカサギ釣り」の予定をしていたが、希望者少数にて、
遊覧船に切り替えた。遊覧後、ホテルに戻り帰途につく。
残電11%なので、すぐ近くの松本日産諏訪店に入り、80%まで充電。
帰りは下りが多いので、飯田で1度充電すれば、名古屋まで帰れると思う。
諏訪インターから中央道に入り、飯田インターで降りて、
行く時に充電した、長野日産飯田店により充電する。
充電の間に近くの回転寿司に行き昼飯を食べる。
89%まで充電出来た。
画像

飯田から高速を使わずに、153号線で帰る事にする。
飯田から治部坂までは登りだが、治部坂を過ぎれば、ほぼ下り道。
飯田から名古屋は140km位だから、後は充電しなくて行けると思う。

飯田から治部坂は登り道。
治部坂の峠に来たとき、残電63%航続可能距離74kmになった。
名古屋まであと、110kmは有る。
しかし、此処から急な下り坂だから少ない電力で走れる。
あと登りは、大野瀬と伊勢神トンネル手前のみだ。
途中、日進で坂巻君を降ろして自宅に到着。
画像

余裕の残電24%だった。
此れが、名古屋から飯田へは、充電無しでは行けない。
153号線で走る場合、稲武で1度充電しないと、稲武から飯田まで充電スポットが無い。
しかも稲武は、役所の普通充電が1箇所のみで時間が掛かる。
山道を走る場合、充分な事前調査が必要だ。
今回良い経験になった。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

リーフで名古屋から諏訪まで

11月9日、2年ぶりに開催する、中学の同窓会に車で諏訪に出掛ける。
リーフ残電80%なので、前日自宅で100%に充電する。
購入後一番の長距離になる。
宿泊地の諏訪湖畔ホテル「ぬのはん」まで、自宅から片道210km位。
飯田インターで1度降りて、飯田の日産で1度充電すれば、
諏訪まで行けるだろうと予定し、10時55分自宅を出発する。

画像

途中、地下鉄「塩釜口」で、同級生で従兄弟の坂巻君を乗せる。
坂巻君、今回の同窓会の幹事だ。
4時の受付だから、途中1回充電しても4時間半見て3時半には着くだろう。
名古屋インターから入って中央道を経由する。
あいにくの天気で小雨模様だ。節電の為エコモードで走ったが、
中央道上りは、登りが多い。電気の消費が多く、飯田まで行けそうも無い。
恵那サービスエリアで、残電32%航続距離41になってしまった。

画像

恵那で充電しないと、飯田まで充電スポットが無いので、此処で充電する事にする。
ところが、岐阜ナンバーの黒リーフが充電しているではないか。
表示を見ると残り時間17分、仕方なく待つことにする。
今日は日曜日なので、行楽の車も多いのだろう。
それでも17分待ちで良かった、多い時は2.3台待ちも有り得るかも。
今回、サービスエリアでの充電は初めてである。
充電方法を表示して有るのだが、要領を得ない。
表示の電話番号に電話して、キャッシュカード番号を伝えて、無事充電開始。
11月まで1回30分充電で100円だそうで、次から1回500円になるようだ。
30分の充電の間に、昼食を取る。
此処での1時間のロスは予定外であった。
諏訪まであと140km、まだ飯田から登りが多いので、予定の飯田で充電しないと行けそうも無い。
飯田インターを降りて、長野日産飯田店に寄る。此処で充電中の車はいなかった。
30分充電で92%になる、念のため13分の追加充電をしたら96%になった。

画像

飯田日産出発が3時13分、「ぬのはん」まで100km程あるので、
受付4時までには到着出来ない。飯田から諏訪も登りが多かった。
ホテル到着が4時33分で、予定より1時間オーバー。
予定外の、恵那サービスエリアでのロス分だ。
96km走るのに79%も消費、いかに登り坂かがわかる。

画像
画像

今回の同窓会、関東から3名、故郷から3名、名古屋方面から8名の14名。
その中で、25年ぶりに来た人が1名いた。懐かしい限りである。
宴会後、全員がカラオケで2次会、そして部屋に戻って3次会で盛り上がった。
何年たっても、アホー、バカヤロー呼ばわり出来るのは、同級生かな?

10日の帰り、諏訪から名古屋へは後日

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村


ボールペン画

第1白川橋梁を色紙に描く

第1白川橋梁は、南阿蘇鉄道の立野駅より1500m地点の二つのトンネルの間にある鉄道橋である。
昭和2年に架けられた此の橋梁は、日本国有鉄道最初の鋼製アーチ橋で、
水面からの高さが64mあり、宮崎県高千穂鉄道の高千穂橋梁が、
昭和47年に完成するまで日本1の高さを保っていた。
又両端から造り始め、最後に中央でつなぐ「カンチレバーエレクション」工法」も、
わが国で最初に採用された。
此の橋梁を通過する時は、サービスで減速してくれるそうで、
雄大な阿蘇の風景が楽しめれるそうだ。

画像


にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

リーフでチョッと長距離

昨日はリーフで遠出。
前日夜から自宅で100%まで充電。
画像

三重県津市白山町へ向け自宅を10時出発。
高速は使用せず名四国道を走る。
名四国道は大型車両が多く、渋滞も何箇所か有り、
白山町まで104kmなのに、何時間かかるのか?

到着したのが13時、3時間かかった。平均速度35km。
画像

電気残量32%。エコモードで104km走って3分の2使用。
エアコンをつけて、急な道のない市街地でも、
満充電で150km位しか走らない事になる。
画像

画像


画像

此れが我が家のお墓です。
「そこに私はいません、眠ってなんかいません」
此処にはまだ、誰もいません。
でも順番で行けば僕が最初に此処に眠ることになる。

さて此のままだと48kmしか走れないので、
どこかで充電しなければ自宅に帰れない。
ナビで充電スポットを検索する。此れも楽しみ方の1つ。
急速スポットが津市に4箇所ぐらい有る。
1番近い「日産プリンス津垂水店」で充電。
150m位南には「日産自動車津垂水店」も有る。
画像


30分充電して87%まで回復しました。余裕で帰れます。
画像


帰りも名四経由で帰ってきた。
自宅到着午後7時、残電44%でした。
画像


往復での走行距離210km  疲れました

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

教室展の終了

名古屋市民ギャラリーで行はれていた、中日文化センターの栄教室ボールペン画展が
本日無事終了いたしました。午後4時頃より先生から、それぞれの絵の寸評が有りました。
画像

今回も中央のテーブルで行った、ボールペン画体験コーナーも盛況でした。
多くの皆さんに用意したサンプルの絵を元に、濃淡の描き方などを
体験して頂いたので、又ボールペン画フアンが増えたことと思います。
画像

足を運んで頂いた方、立寄って頂いた方、御覧頂き有難うございました。
又来年の教室展に向けて、描きつずけたいと思います。
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画 名古屋市民ギャラリー

名古屋市民ギャラリーで開催している、ボールペン画栄教室展の様子が、
今日の中日新聞に掲載されています。くしくも僕の絵が載っていました。
画像

                 等持院庭園と茶室(京都)」   F6号
画像

                  冬の小樽運河  F6号
画像

31日の日曜日まで開催していますので、立寄ってください。
名古屋市民ギャラリー7回の第1展示室です。
にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村

ボールペン画教室展

ボールペン画家(阿部繁弘先生)のボールペン画「名古屋栄教室}の作品展が、
名古屋市民ギャラリー栄の(7階第1展示室)で今日から始まりました。(31日の日曜日まで)
この栄の教室展は9年前から始まり、今回が第9回です。
9年の人もいますし、入ったばかりの人もいて、先生を含め28名で54点の展示です。
昨日は、搬入セッティングでした。
画像

画像

今日午後、中日新聞社が取材に来たので、明日の中日新聞に掲載されると思います。
僕は「等持院(京都)」「小樽運河」の2点を展示しました。(画像は後日)
栄にお出かけの際は、是非立寄って御覧ください。

にほんブログ村 美術ブログ ボールペン画へ
にほんブログ村